TBMG - この人から学ぶ成功の秘訣! by タカラベルモント

TBMG - この人から学ぶ成功の秘訣! by タカラベルモント

HOME > TBMG > 鈴木 和敏/kamiken.

 

小規模サロンでもハサミを置ける仕組みを確立した「kamiken.」代表の鈴木和敏さんは、2020年11月に再びハサミを持ち、以前からチャンスがあると感じていたメンズサロンを立ち上げました。そしてわずか2か月後に再び経営に専念する道を切り開いた鈴木さんの経営者としての理念と、美容業界への熱い想いをお聞きしました。

ライター 森永 泰恵 | カメラ 岡崎 累 | 配信日 2021.1.21

「半個室・個室の小規模サロン」が成功の鍵

全てのサロンを半個室・個室にしようと思ったきっかけは何ですか。

25歳の時に僕1人で、13坪で2席のサロンを福島市に開業したのが「kamiken.」のスタート。1対1で対応してくれるのがいいというお客様が多かったんです。お客様が増えたのでスタッフを1人増やしたところ、僕が1人の時間帯を狙って来店される方がたくさんいることに気がついたんです。1対1だからいい、他に誰かいると居心地が悪いと感じる人がたくさんいるんだと思い、このまま事業を拡大するにはどうしたらよいかと考えた結果、仕切って半個室または個室化し、1対1で接客することにしました。個室や半個室での1対1の接客だからこそ、美容師は、そのお客様のサロンでの体験が最高のものになることだけを考えて接客できますし、お客様も悩みを打ち明けやすくなります。エイジングケアに特化したメニューを充実させ、“美しい髪”を押し出すコンセプトにしたことも、経営を軌道に乗せる原動力になりました。コロナ禍となった今も、そのおかげでお客様が安心して来店してくださっているのだと思います。

自分が現場から離れてもサロンは回る

ハサミを置いて気づいたことは何ですか。

しだいにスタッフが増えて3店舗展開していた頃、僕はサロンワークをやりながら店舗の管理もしていたのですが、どんどん忙しくなり、その時、東日本大震災が起こって資金繰りが苦しくなってしまい…。結婚を控えていた僕は、ここで働き方を変えないと自分自身も家族も、スタッフも幸せにできないと思ったんです。このままサロンワークを続けながら経営をしても、何かあったらダメになってしまう、今こそ本気で経営と向き合おうと決意し、そこから3年くらいかけて経営を見直し、2015年にハサミを置きました。完全に現場から離れてみたところ、「仕組みさえちゃんとすれば、意外と余計なことを言わなくても回るんだな」と感じましたね。それまでは全部、自分でチェックして指導しないと絶対に回らないだろうと思っていましたが、数字的にはそれまで以上の成果が上がっていたのです。

今、メンズサロンは求められている

メンズサロンを立ち上げたそうですが、その狙いは何ですか。

ハサミを置いてからは経営コンサルタントとしての活動を開始しました。2018年には「脱・職人経営」(株式会社髪書房刊)も出させていただき、全国の美容経営者の方に自分の経験や知識を講演させていただいています。セミナーの中で経営者としてスタッフのために仕事をしましょうとお話ししているのですが、本当はハサミを置きたい、または現場メインの状態から離れたいけどなかなか任せられない、そんな声をよく耳にします。そんな方たちをたくさん見て、「こういう風にやればゼロからでもできるんだよ」という姿を僕自身が改めて見せたいと思ったんです。そこでメンズサロンに着目しました。以前からメンズサロンにチャンスがある、いつかはやってみたいという思いがあったのと、僕自身40歳を超えて抜け毛が気になるようになっていたこともあります。「何もかもゼロからもう一回やろう」をコンセプトに掲げ、これまでやったことのないメンズサロンでもう一度ハサミを持って現場に復帰し、再びハサミを置いて経営に専念するまでのストーリーを僕が体現することで、仕組みさえしっかりしていれば、ゼロからでもできることをお見せしたいと思ったんです。

男性スタッフの次のステージとしての意味も

メンズサロンの狙いは他にもあるのですか。

メンズサロンを立ち上げたのにはもう1つ別の意味もあります。今いる男性スタッフが年齢を重ねた時、若い女性を担当するよりもメンズサロンで力を発揮するほうがいいのではないかと感じているからです。まだ本人たちからそういった希望は聞いていませんが、いざそうなった時にメンズサロンを始めるより、今のうちから形をつくっておけばステージチェンジしやすいのではないかと思ったんです。スタッフは美容師ですから、メニューにはシェービングは入っていません。今でも「kamiken.」のお客様の約4割が男性客なので、男性への応対は慣れていますし、シェービングがなければ技術的にも問題がないので、メニューの内容を少し変えるだけで、基本的にはこれまでやってきた女性客向けの集客や宣伝と同じ手法で運営できるのではないかと思っています。

鈴木和敏(スズキカズトシ)

1979年、福島県生まれ。都内1店舗、福島県内1店舗を経て2005年、福島市で1人で開業。現在、福島県内に8店舗を展開中。経営コンサルタントとして全国でセミナーを行う他、雑誌等でも活躍中。

kamiken.

完全個別対応、全室半個室または個室で、ケアを中心としたセットメニューを提案し、高単価・高リピート率を実現。2020年にメンズ美容を打ち出したメンズサロンをオープン。

「あなたの感想」をお聞かせ下さい。

※上のボタンのいずれかを押すと感想を送信できます。

HOME > TBMG > 鈴木 和敏/kamiken.