TBMG - この人から学ぶ成功の秘訣! by タカラベルモント

HOME > TBMG > みやち のりよし/SHACHU

 

エッジィなデザインカラーを発信し続ける『SHACHU』CEO・トータルプロデューサーのみやちのりよしさん。29歳で独立し、カラー特化型サロンとして大きく飛躍したみやちさんに、インスタグラムを活用したブランディング、スタッフへの向き合い方、アフターコロナを見据えた美容業界の展望などをお聞きしました。

ライター 森永 泰恵 | カメラ 山 美津留 | 配信日 2023.1.19

渋谷を歩く女性の髪をきれいにしたい、その想いでカラー特化サロンを設立

2014年に『SHACHU』を設立されましたが、どのようなサロンにしようと考えていましたか

僕はもともと渋谷という街が好きでよく遊びに行っていました。渋谷には金髪やハイトーンカラーの女性がたくさんいて、その人たちの髪をもっときれいにしたいという想いを持っていたんです。

「派手髪」という言葉はよく耳にしていましたが、単に派手なのではなく、誰が見ても可愛いくてトレンドを取り入れたデザインカラーを自分なりに発信したいと考えていました。

そこで若い人をターゲットにし、以前から好きだったカラーに特化した『SHACHU』を渋谷に設立したんです。


最初は僕とスタッフ1名・セット面3席でスタートしたのですが、独立前は銀座で働いていましたし、お客様をほとんど引き継いできたこともあり、お客様はほぼゼロでした。

初月は2人合わせても100万円にも満たないくらいの売上で、時間がある時はモデルハントに行ったこともありましたね。

ただ、小さいお店でしたから居心地のいいファミリーサロンのような温かいムードがあり、それが口コミとなってお客様が徐々に増えていきました。


さらに、当時はまだ少なかった「デザインカラーに特化したサロン」という強みがお客様の定着につながり、インスタグラムを広告のメインとして活用していくうちに評判を呼んで、半年もすると予約困難なほどたくさんのお客様から支持されるようになったんです。


スタート当初は今のような展開になるとは想像もしていませんでした。


クオリティの高いヘアスタイルをつくり続けて初めて、結果がついてくる

インスタグラムをどのように活用していますか。

インスタグラムはマーケティングを意識し過ぎるより、おしゃれで可愛いヘアスタイルを載せ続けた先にフォロワーやお客様からの支持が増えるという考え方を大切にしています。

フォロワーを意図的に増やそうと思ったこともありますが、インスタグラムはフォロワーの数を増やすことより、自分自身の「あり方」が大事なのではないでしょうか。


奇をてらった写真や動画を載せて再生回数を増やすことは僕の中ではタブー。

クオリティの高いヘアスタイルをつくって載せる、飽きられないように新しいデザインを打ち出す、すると多くの方がインスタグラムを見てくれて新規のお客様が来てくれる、これを愚直に繰り返すことが大切なのだと思います。


たとえば2022年の春頃に僕がつくってインスタグラムに載せたテールブラック(毛先だけ黒のデザインカラー)の動画は再生回数が2000万回を超えたのですが、そこまでいくと「これをやってみたい」という人が増え、街中でもテールブラックの人を見かけるようになりました。

まだあまり誰も載せていないと思って載せた結果フォロワーが増え、集客にもつながり、1つの流行を生み出すこともできました。


人間性を磨き、自ら考える力をつけさせる教育が大事

現在、スタッフが20人になったそうですが、スタッフマネージメントについてどうお考えですか


「やりたいことをやらせてあげたい」。

これをいちばん大切にしています。

一応、事前に内容の確認はさせてもらいますが、YouTubeをやりたい、個人の仕事を取りたい、など、どんどんやってほしいと思っています。

自由度が高いほうが自分で考える力がつき、マニュアル通りにしか動けないロボットみたいにはならないのではないでしょうか。

美容師という仕事は人と人とがコミュニケーションを取る仕事なので、技術ももちろん大切ですが、人間性を磨けるような教育を心掛けています。


また、独立したい子は独立させてあげたいと思っています。
独立したいというのは「辞めたい」というより「挑戦したい」ということですから、僕の都合で引き止めたりタイミングを長引かせたりするのは、その子の人生を軽視することだと思うんです。


たとえその子が独立しても、若いスタッフがスピード感を持って成長してくれれば補えると考えています。

ここ2年で3人独立しましたが、売上は落ちていないんですよ。若いスタッフたちが「秒速で進化」してすぐ穴埋めしてくれました。


みやち のりよし(ミヤチ ノリヨシ)

1984年、岐阜県出身。山野美容専門学校卒業。都内1店舗を経て2014年に『SHACHU』を設立。インスタグラムのフォロワー数は30万人を超える。サロンワークの他、カラースペシャリストとしてセミナー講師や商品開発など多方面で活躍中。

SHACHU

カラー特化型サロンとして若い世代を中心に高い支持を集める。『シャチュー』とは、坂本竜馬とその同士20数人によって結成された日本初の商社兼私設海軍である「亀山社中」が由来。「社中」には「仲間」の意もある。渋谷で最先端のデザインカラーを提供し、渋谷系カルチャーを牽引している。

「あなたの感想」をお聞かせ下さい。

※上のボタンのいずれかを押すと感想を送信できます。


TOPページへ戻る