TBMG - この人から学ぶ成功の秘訣! by タカラベルモント

HOME > TBMG > 原田 忠/資生堂

 

JHAを始めとする受賞歴が多数あり、大人気漫画やアニメとのコラボレーションで世界的に有名な日本を代表するヘアメイクアップアーティスト原田 忠さん。
「誰もやったことがないこと」を追求して、アーティストとして唯一無二の活動を行う原田さんに、アイディアの秘訣や、アーティストでありながら、SABFAの校長を引き受けた理由、さらに今年11月に開催されるTWBC2022のステージにかける想いや、将来の夢までをお伺いしました。
「美容業」の幅広さや奥行き、今後の活動の広がりまで、大変興味深い内容のインタビューです。

ライター 森永 泰恵 | カメラ 山崎 美津留 | 配信日 2022.8.10

航空管制官を経て、人と接する仕事に立ち帰った20代

航空自衛隊から美容業へと転身されたのは、なぜですか?

戦闘機パイロットの夢を実現するために航空自衛官になりましたが適正がなく、航空管制官として勤務していました。

しかし、叶わなかったパイロットをサポートしている自分に違和感を覚えたことと、人の命を預かる緊張感のある仕事にも関わらず、その人の顔を見ることがないというコミュニケーションの希薄さを痛感し、3年で退職しました。

もっと人と接する仕事、人と顔を合わせてコミュニケーションが取れる仕事に就きたいと思ったんです。

そんな時、自分の生まれ育った環境=美容師をしていた母の姿が目に浮かび、きれいになったお客様が笑顔で帰っていく原風景を思い出して、美容の世界に飛び込むことを決意しました。


東京で6年間サロンワークを経験し、このままいけば店長などを任され、お客様ももっと増えていくだろうと思っていた時に、ふと、気づいたんです。

僕は髪ばかり見ていて、トータルで提案できていないのではないかと……。

メイクやファッション、その方のライフスタイルまで提案できるような自分になりたいと思い、美容師としてのキャリアを一旦リセットして、27歳の時に美容を一から学び直すべくSABFA(サブファ)に入学しました。


キャリアに合わせて広がる、想像以上に幅広くて刺激的なヘアメイクアップアーティストという職業

SABFAを卒業後、資生堂に入社され、ヘアメイクアップアーティストになってみてどんなことを感じましたか?

アーティストとして技術的なところは練習をしたり、色々なものを見たり、現場に行ったりすることで徐々に実力がついていきましたが、商品開発を担ったり、その商品をどう使うかというハウツー情報を発信したり、海外のデパートの資生堂カウンターでメイクアッププロモーションしたり、コレクションの現場でヘアメイクをしたりすることは、想像していた以上に仕事の幅が広く、驚きました。

ある一定の期間、特定のブランドの担当をしたら、次は違うブランドを担当したり、男性のブランドも女性のブランドも担当します。


僕はどちらかというと飽き性なのですが、ルーティンではなく日々、異なる仕事に携わることは本当に楽しく、飽きないんです。キャリアに合わせて色々な仕事が増えていき、自分にとってとても刺激的でした。

海外に行って色々な国の文化を肌で感じることで視野も広がりましたし、それぞれの国の文化を体験することによって、それぞれの国が「美」というものをどういう切り口でどう表現するか、「美」に何を求めているか、そういうことを考える機会がたくさんあり、様々なことを経験させていただきました。


自分自身を掘り起こし、突き詰めることでオリジナリティがみつかる

作品作りにおいて、人とは違うことをどう見つけていますか?

本来、遠いイメージのものをミックスすると新しいものが生まれる、そんな感覚を大事にしています。

たとえば日本人が着物を着ると古典的ですが、外国の方が着るとドキッとすることがありますよね。

どんな人もみな生まれや育ち、経験したことも異なりますから、自分は何が好きなのか、自分はどんなことに興味があるのかなど自分自身を掘り起こし、突き詰めていけば、必ず人と違うことを見つけられると思うんです。

そこから色々なものをうまく組み合わせていけば、イノベーティブでオリジナリティのある表現ができると思います。


僕にはちょっと変わった「集めグセ」があり、いずれ使うかもしれないという思いが常にあるので物がなかなか捨てられません。

数年経ってから「そういういえば引き出しに○○があった」と思い出して実際に作品作りで使うこともあります。本来捨ててしまう物をあえてストックしておき、その数が増えると「これらで何か面白い物が作れないかな?」と想像することもよくあります。想像するだけで楽しいんです。

今はネットで大抵のことは調べられますが、僕は極力、現場に足を運ぶようにしていて、本屋さんや材料屋さんにもよく行きます。

足を運ぶことで思いがけない物との出合いがあったり、手触りや香りを体感して脳が刺激されることで新しい発想が生まれたりするんです。

なので、日頃から作品づくりのヒントになりそうな物や行動を大事にしています。


原田 忠(ハラダタダシ)

ビューティークリエーションセンター
資生堂トップヘアメイクアップアーティスト
国内外のコレクションのバックステージや、宣伝広告ヘアメイク、商品開発に携わるなど、幅広く活動している。2004年、2012年、JHAグランプリ受賞、2005年、2006年、2009年にJHA準グランプリ受賞、2008年、JHA芸術賞受賞、他受賞歴多数。2016〜2019年、SABFA校長として後進の育成に尽力。2022年、JHAプロフェッショナル審査員就任。

「あなたの感想」をお聞かせ下さい。

※上のボタンのいずれかを押すと感想を送信できます。


TOPページへ戻る