TBMG - この人から学ぶ成功の秘訣! by タカラベルモント

HOME > TBMG > 川上 昌博/Apache

「マイ・カミソリ」を店内にディスプレイ

お客様の志向やアパッシュ独自のシステムを教えていただけますか?

お客様は30〜60歳の方がメインで、今ではトラディショナルなメンズスタイルのファンの方が増えて、毎日20〜30人のお客様がご来店しています。中にはmm単位で長さやスタイルを気にされる方もいて、週一回来店されるお客様もいます。もちろんサラリーマンの方もいらっしゃいますし、普通のスタイルをご注文される方もいますが、我々がこだわっているのは簡単なのにキチッとして見えるスタイル。再現性には自信があります。また、うちの特長として、お客様のマイ・カミソリを販売しています。渡米した際に、ハリウッズバーバーショップではいろんなシェービングカップをディスプレイしていたり、お客様が持参した個々のビアカップでビールを飲みながら施術を受けていたり(笑)。めちゃくちゃですが、すごくカッコいいし、面白いですよね。理容師もお客様もみんなカッコ良くて、楽しそうで・・・こんなお店にしたいと思いました。その発想を私なりにアレンジして、お客様の好みのカミソリを買っていただき、それをこのケースに入れてキープしています。ボトルキープならぬ、カミソリキープです。ただカットに来るだけでなく、自分のカミソリが置いてある行きつけのバーバーがあるって、ちょっとカッコいいなと思って。「ここには俺のカミソリがあるんだ」とか、ちょっと特別な感じがしますよね。今ではそんな私の考えに賛同してくれた多くのお客様のマイ・カミソリがお店に飾ってあります。

全国でのセミナー活動やシュコーラムとのヘアショーも開催

サロンの体制やサロンワーク以外にどんな展開をされていますか?

現在のスタッフはスタイリストが1人、専門学校生のアシスタントが2人、それに私と妻を入れた5人体制です。彼らも元々はお客様としてApacheに通ってくれていて、他のサロンとは全く違うスタイルに魅力を感じて入店してくれました。何より、この職業に憧れて来てくれたのが嬉しいですよね。男性は大きなスタイルチェンジを求めることが少ないので、彼らの指導も基本的なカット技法をメインに教えています。最近はフェイスブックをきっかけに、メーカーさんや同業者の団体から依頼を受けて全国でセミナーを行い、交流が広がっています。今の時代、都会の中心部にいなくても、全世界に発信する方法がいくらでもあるんです。自らが自信を持って発信し続ける事で、大きなムーブメントも起こせると信じています。セミナーでよく聞かれるのは、トラディショナルなメンズスタイルで展開しても大丈夫なのかというご質問です。やはり、皆さんは美容的なメンズヘアを意識されているようですね。私は思うんですが、お客様の求めている事、そして自分たちが本当に提案したい事をまずは自分の中で明確にする事が大事です。私は一昨年、世界の頂点と名高いオランダの伝説的バーバーの「シュコーラム」と一緒にヘアショーを2回行ったんですが、その際に彼らの持つ芯の強さを認識し、自分の道が間違いではないという確信を持つことができました。同時に、そんなスタンスに共感を持つ日本のバーバーさんが増えているのも実感しています。ただし、安易に見よう見まねだけで展開するのではなく、カルチャーを理解してバックボーンを学び、しっかりしたポリシーで臨んでもらいたいと思っています。

若い理容師さんが増えて末永く活躍できるシステムを展開したい

今後の計画や展開と若い人たちに対するエールをお願いします。

私が今考えているのは、年齢的に落ち着いてきた男性美容師さんたちを理容にシフトできないかなということです。年を重ね、お得意様も大人のスタイルを求められていたり、若いスタッフやお客様と同じ空間で仕事をすることに違和感を感じている方もいると思うんです。そんな、男らしさを求めている男性美容師さんがいたら協力してあげたいですね。美容とは違うカッコいい理容室を求めている一般の方も多いと思いますから。実は、シュコーラムの方々も元は美容師さんで、それ故にカッコいいメンズスタイルの表現方法を理解していたそうです。今後は、ここをメインにして若い技術者が活躍できるジュニアサロンと、さらにレベルの高いエグゼクティブサロンを展開したいと考えています。特に、若い理容師さんが増えて末永く活躍してほしいのが私の願いですね。最後に、この業界の将来を担う若い人たちに対して、理容のカルチャーをしっかり支えていける人が増えてほしいと願っています。理容の文化は決してなくならないし、それを大切にできる理容師さんが増えると嬉しいです。また、そんなスタイルを求めているお客様も多く、そんな根強い方は決して消えることはないと思うので、辛いことに負けないで頑張ってほしいと思います。自分のやっている事に自信を持ち、そして大好きになってください。


「あなたの感想」をお聞かせ下さい。

※上のボタンのいずれかを押すと感想を送信できます。

アパッシュ CEO。北海道出身。旭川理容美容専門学校卒業。旭川市内のサロンに入社後、数店舗を経て独立し実家の理容室を継ぐ。学生時代に夢中になったアメリカンバイクやロカビリーなどのアメリカンカルチャーを体感するため渡米し、ハリウッズバーバーショップへ赴く。以降、渡米を繰り返してアメリカのバーバーカルチャーを学ぶ。現在はサロンワークを中心に、バーバーイベントやカルチャーイベントでオリジナルのバーバースタイルを発信。日本におけるアメリカンクラシックバーバーの第一人者として幅広く活動している。

アメリカンクラシックバーバーをコンセプトにして、ヘアスタイルのみならずカルチャーとしての理容室を展開。男らしさを追求したヘアデザインだけではなく、グッズ販売などを手掛けながら、北海道の皆様に愛されるサービスを提供している。


TBMG TOPページへ