TBMG - この人から学ぶ成功の秘訣! by タカラベルモント

HOME > TBMG > 川上 昌博/Apache

資金面で苦心するも好きだったアメリカンクラシックなバーバースタイルを展開

独立して出店に関する経緯やご苦労されたことは何ですか?

店長を任されていた当時の給料は12〜13万円で、自宅のサロンを改築するにも資金がなく、年齢や収入面で融資を受けることも困難でした。そんな状況の中、少ない金額でしたがなんとか資金を調達できる目処が立ち、お店をスタートする準備が整いました。独立前には支店の半分のお客様を担当していたので、退職することにオーナーは難色を示しましたが、私も生活がかかっていたので、独立を決心しました。それが、若干24歳の時です。結婚して妻と2人でアパッシュをオープン。妻は業界外の人だったので、最初は見習いから始めてもらいました。店内は当時からほとんど変わらずに、大好きなアメリカンクラシックなバーバースタイルを展開しています。前のお店のお得意様も私がサロンをオープンした事を聞きつけて何人かご来店いただき、今でも長くお付き合いをさせていただいています。

学生時代から興味があったアメリカのカルチャーをこの目で見たいと渡米

サロンのコンセプトやシステムを確立する上で努力されたことは何ですか?

店内には、自分が好きなもの、カッコいいと思ったものをディスプレイしています。毎年自分で作っているTシャツの原画もその1つですね。仲間からもらったものや、自分で集めたものなどを組み合わせてアメリカンクラシックなムードを漂わせています。お店が徐々に軌道に乗り始めた頃、実際のアメリカンクラシックを体験したいと思い渡米しました。その当時から日本のメンズスタイルは美容にシフトされ、みんなして毛先がはねたスタイル。私はそんなデザインを変えたいと思い、また以前から興味を持っていたアメリカンカルチャーをベースにしたバーバー本来の姿を表現したいと考えたのが渡米した理由です。きっかけは、東京の原宿でタトゥーショップを経営している同級生に教えてもらった洋書でした。その写真集にアメリカのバーバーショップの方が出ていて、そのスタイルを見て衝撃が走りました。とにかくカッコいい(笑)。そのコピーを送ってもらい、翌年にアメリカのハリウッズバーバーショップへ見学に行きました。何もかもが新鮮で、カッコ良く、自分が目指すべき方向がハッキリしました。アメリカのカルチャーをすべてこの目で見たいという強い願望が湧き出ましたね。

今風のおしゃれではなく強さやカッコよさを表現した男らしいスタイルを提案

渡米して影響を受けたことや感化されたことを教えてください。

最初の滞在はわずか1週間でしたが、私が日本の理容師であることを告げて実際にカットをしてもらいながらオーナーのドニー・ハリーさんたちと親しくさせていただきました。また彼らが来日した際にも再会してさらに交流を深めています。実はハリーさんはLAYRITE(レイライト)という世界的に人気のあるオリジナルのポマードを使ったスタイルが素晴らしいんです。しかもそのLAYRITEが置いてあるだけでカッコいい。それを使った男らしいタイトなスタイルに魅力を感じてうちのサロンでも取り入れることにしました。それ以降は、伝統的なトラディショナルなメンズスタイルを提案しています。流行に左右されるおしゃれではなく、強さやカッコよさを表現した男らしいヘアスタイルです。そんな男性本来の姿をフォローするのが我々理容師の使命じゃないかと考えています。最近はヘアスタイルだけでなく、トータルで男らしさを表現したメンズスタイルや伝統的なバーバーショップの展開が注目されていますよね。そんな追い風を受けて、人気も徐々に高まっていると思います。しかし、我々はこの人気をブームで終わらせたくはありません。ブームではなく、文化にしてこそ意味があると思っています。

「あなたの感想」をお聞かせ下さい。

※上のボタンのいずれかを押すと感想を送信できます。

アパッシュ CEO。北海道出身。旭川理容美容専門学校卒業。旭川市内のサロンに入社後、数店舗を経て独立し実家の理容室を継ぐ。学生時代に夢中になったアメリカンバイクやロカビリーなどのアメリカンカルチャーを体感するため渡米し、ハリウッズバーバーショップへ赴く。以降、渡米を繰り返してアメリカのバーバーカルチャーを学ぶ。現在はサロンワークを中心に、バーバーイベントやカルチャーイベントでオリジナルのバーバースタイルを発信。日本におけるアメリカンクラシックバーバーの第一人者として幅広く活動している。

アメリカンクラシックバーバーをコンセプトにして、ヘアスタイルのみならずカルチャーとしての理容室を展開。男らしさを追求したヘアデザインだけではなく、グッズ販売などを手掛けながら、北海道の皆様に愛されるサービスを提供している。


TBMG TOPページへ